• TOP
  • リノベーションとは?

リノベーションとは?

リフォームとリノベーションって
何が違うの?

実は厳密な区別はありません。
一般的に、汚れているクロスを張り替えたり、老朽化したキッチン設備を入れ替えたりといった
小規模の改装を「リフォーム」と呼んでいます。
どちらかというと古くなったり汚れたり壊れたものを、
新築の状態に戻す「復旧作業」といったニュアンスで使われることが多いと思います。
一方、壁を取り払って現代のライフスタイルにあった間取りに変更したり、
古くなった設備をよりデザイン性の高いもの、機能性の高いものに変更したりすることを
「リノベーション」と呼んでいます。
住宅の持つ元々の性能に付加価値をつける「改修作業」がリノベーションなのです。

つまり、リノベーションとは…

  • 新築と中古のそれぞれのメリットを生かし、デメリットを解消させた新しいカテゴリーの住宅をつくる
  • 既存住宅(ストック)を有効活用する一つの手段
  • 新築時よりもデザイン性や機能性の高いものに改良し、住宅の価値を高める
  • 水道、電気、ガスなど重要インフラの瑕疵のチェックと修復を行い、安全性を高める
  • 省エネやエコに配慮した機能を取り入れ、住宅の価値を高める
  • 再生し価値を高めながら永く大切につかう、サスティナブルな価値観をもつ新しい選択肢
  • 中古マンションのマイナスイメージを取り除き、プラスアルファの価値を蒸して生まれ変わらせることです。

リノベーション基礎知識

マンションの「共用部分」は個人の意向では変更できません。
「専有部分」は個人所有になるので、リノベーションが可能ですが、
制約がある場合もありますので、事前に確認しましょう。

△給湯器 屋内から外に出す場合は、管理組合に相談しなければなりません。
構造の違いによる制約
    • 耐力壁(構造壁)
    • 壁式構造

      壁と床による箱式で建物を支える構造。室内にも支える壁がある場合には、間取りの変更や開口部のとり方などで制約があります。

    • 柱 梁 床スラブ
    • ラーメン構造

      柱と梁によって建物を支える構造。間仕切り壁をとって大胆な変更が可能です。ただし構造上必要な柱や梁は取れません。

水まわり移動の制約
    • コンクリート躯体に排水管が通っていると排水管が動かせないため、水まわりの移動は困難。

    • コンクリート躯体と床との間の高さによって水まわりの移動の自由度が変わってきます。

    • 床下の空間にゆとりがあると排水管の勾配がつけやすいので水まわり移動の自由度は高いです。